スワップファイルを追加

f:id:arch2013:20130625225755p:plain

$ sudo fallocate -l 512M /swapfile

$ sudo chmod 600 /swapfile

$ sudo mkswap /swapfile

$ sudo swapon /swapfile

/etc/fstab に
/swapfile none swap defaults 0 0
を追加

念の為再起動します。

Swap (日本語)

画像を結合してPDFを作成(convertコマンド)

$ a imagemagic (aliasの設定)

$ convert *.jpg sample.pdf

「Mr. Circuit」…

Terminator

f:id:arch2013:20130605225254p:plain
$ a terminator でインストールします。

画面分割等の可能な端末ソフト

Ctrl + Shift + o 画面を水平に分割
Ctrl + Shift + e 画面を垂直に分割
Ctrl + Tab タブ間を移動
Ctrl + Shift + w 画面を閉じる

Linux Mint - Tmux インストール!

拡張ターミナルソフトウェアのTerminator 無しでは生きられぬ身体になったので紹介

分割できるターミナルterminatorでプログラムの自動実行

VLゴシックフォントを追加

f:id:arch2013:20131019003042p:plain最新バージョンをダウンロードして、
$ tar xf で展開します。

HOME直下に.fontsフォルダを作成($ mkdir ~/.fonts)します。

.fontsフォルダに展開したファイルを移動します。

a gnome-tweak-tool でインストールして、
$ gnome-tweak-tool でフォントをVL Pゴシックにします。

Chromeの設定でフォントをVL Pゴシックにします。

ArchLinuxに日本語フォントを設定した

Git

gitとは何か そして使い方の基本

Gitの忘れがちだけど絶対に使うであろうコマンド達

GitHub Flow(Japanese translation)

Git 使い分けできていますか?マージ(merge)&リベース(rebase)再入門

「こわくない Git」というスライドを発表しました

gitに関する新着投稿

fcitx-mozc

インプットメソッド 日本語入力 オープンソース

$ a fcitx-mozc fcitx-gtk2 fcitx-gtk3 fcitx-configtool でインストールします。 (aliasの設定
(fcitx-gtk2 も gtk2アプリで日本語入力するために必要)

$ gsettings set org.gnome.settings-daemon.plugins.keyboard active false (Fcitx - ArchWiki)

$ le .xprofile で新規作成して、下記を追加します。
export GTK_IM_MODULE=fcitx
export QT_IM_MODULE=fcitx
export XMODIFIERS="@im=fcitx"

再起動します。

$ fcitx-configtool で設定します。

f:id:arch2013:20130912220934p:plain
Input Method を「キーボード - 日本語」と「Mozc」にします。

f:id:arch2013:20130912221042p:plain
Shift + Space で日本語ON/OFFするよう設定します。(入力メソッドのオンオフ)

f:id:arch2013:20130912221059p:plain
拡張オプションを表示してスキンをdarkにします。

Leafpad で日本語入力できます。(再起動不要)


Fcitx-mozc を試してみた

Fcitxのテストのお願い

github

Fcitxのページ